経済

    1: ■忍法帖【Lv=9,いっかくうさぎ,4gP】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/09/19(火)11:14:45 ID:???
    国産の漆の生産量の70%を占める岩手県二戸市で、漆の生産が大幅に減少し、文化財の修復作業が遅れるなどの影響が出ていることがわかりました。
    国産漆の生産量の70%を占める岩手県二戸市では、中国などからの安い輸入品に押されて年々生産量が減少しています。

    二戸市が去年からことしにかけて市内に分布する漆の木の数を調べたところ、15万2000本で、
    記録がある8年前に比べおよそ60%まで減っていることがわかりました。
    市は、漆を採取し終わった木を伐採したあとに苗木を植えるなどの対応が十分取られず山が荒廃したことが主な原因だと見ていますが、
    これに伴い文化財の修復作業に影響が出ていることもわかりました。

    栃木県日光市の世界遺産「輪王寺」では重要文化財である本堂の修復に必要な漆が、おととしと去年、合わせて100キロ以上足りず、
    作業に遅れが出ているということです。
    日光社寺文化財保存会の原田正彦上席主任技師は「ことしも二戸市から漆が入ってくるのを待っている状態だ。
    質のよい漆が届くことを期待したい」と話しています。
    no title

    【【文化財】 国産の漆 安い輸入品に押され生産大幅減 文化財修復に遅れも】の続きを読む

    1: ■忍法帖【Lv=9,いっかくうさぎ,4gP】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/09/18(月)09:20:11 ID:???
     「大津の繁華街ってどこなんだろうね」。JR大津駅近くで、こんなカップルの会話が聞こえてきた。
    寂しいといわれて久しい県都・大津市の中心市街地。先月末に大津パルコが約20年の歴史に幕を閉じ、
    昨夏は大津駅前の大型商業施設も閉店。周辺商店街もシャッターを閉じた店が目立つ。「40年ほど前は通行に苦労するほどの
    人通りだった」と市中心部の商店街で理事長を務める寺田武彦さん(64)は振り返る。

     そんな状況を変える挑戦が進んでいる。

     9月初め、商店街が連携して開いた「大津100円商店街」を訪ねた。参加店舗が1日だけ一押しの商品を100円で売る企画。
    各店が工夫を凝らした商品を置き、実行委員会によると、年3回の開催で人出は計約10万人といい、
    大津の主要イベントで有数の規模にまでなったという。
    中古車1台を100円で販売したディーラーもあり、話題性も豊富だ。

    【【地域おこし】中古車に至るまで全部「100円」で地域おこし】の続きを読む

    1: トト◆53THiZ2UOpr5 2017/09/12(火)19:26:31 ID:???
    「出国税」の検討、国交相が表明 今秋にも具体案

     石井啓一国土交通相は12日、2020年に訪日外国人客を4千万人
    に増やす目標を達成するための財源として、日本から出る人に課す
    「出国税」を含めた新しい財源確保策を検討すると表明した。
    15日に検討会の初会合を開き、今秋にも具体案を示したい考えだ。

    【【経済】「出国税」の検討、国交相が表明 今秋にも具体案】の続きを読む

    1: ■忍法帖【Lv=7,いっかくうさぎ,4gP】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/09/07(木)05:47:47 ID:???
    SNSのアカウント名に青色のチェックアイコンが入っていることがありますが、これは「認証バッチ」と呼ばれるアカウントが本人
    のものであることを証明するマークで、TwitterやInstagram、Facebookなどに導入されています。
    この認証バッチがブラックマーケット上で販売されている、と海外ニュースメディアのMashableが報じています。

    http://mashable.com/2017/09/01/instagram-verification-paid-black-market-facebook/no title


    熟練の広報担当者から若いデジタルマーケティング担当者まで、誰でもお金を出せばInstagramの認証バッチを購入できるという
    ブラックマーケットが存在します。
    こういったブラックマーケットで実際に認証バッチを購入した経験のある人や、認証バッチを販売している人を知っているという人など、
    複数の情報筋からの情報をまとめると、認証バッチの販売価格はワインボトル1本分から1万5000ドル(約160万円)程度に
    なっているとのこと。ある情報筋によれば、「認証バッチの売人は、ひと月に1、2個の認証バッチを販売している」そうです。

    Instagramの場合、認証バッチは著名人や有名人、ブランドであることを示すためのもので、認証バッチ付きのアカウントは、
    一部の特別な機能にアクセスしたり検索ワードで1番上に表示されたりするという特典を持ちます。
    さらに、7億人もの月間アクティブユーザーを抱えるInstagramというコミュニティ内におけるステータスシンボルや、
    インフルエンサー・マーケティングにおける信頼性を得ることにもつながります。

    通常ならばInstagramの方針に従ってオンライン上で認証バッチを売買することは不可能ですが、
    インターネット上のブラックマーケットではInstagramの認証バッチが販売されており、これはインフルエンサーコミュニティに
    とっては公然の秘密だそうです。


    なぜInstagramのアカウントが高く売買できるのかと言えば、誰でも認証バッチを取得しようと思えば取得できるFacebookやTwitterと
    いったSNSと異なり、Instagramでは大手ブランドとスポンサーシップを結んでいるインフルエンサーのアカウントが認証
    バッチを得るのは難しいからだそうです。

    実際に認証バッチを販売した経験のあるジェームズさんは、Instagram内で働いていた協力者と共に認証バッチの販売を行い、
    「検証のために1500ドル(約16万円)から7000ドル(約76万円)の範囲で認証バッチを販売した」と語っています。
    ジェームズさんの本職はスタートアップを経営することだそうですが、Instagramで働く友人の力を借り、
    2017年初めから既に5つの認証バッチを販売したそうです。基本的にジェームズさんの仕事は仲介で、
    1件あたり1200ドル(約13万円)の料金を受け取っているとのこと。ただし、必要に応じて別途料金がかかることもあるそうです。

    ジェームズさんによれば、複数のInstagramの従業員が認証バッチやアカウント売買関連で解雇されているそうで、
    1年前は週5回のペースで行えた認証バッチの取得も、現在では週2回がギリギリとのこと。なお、ジェームズさんは認証バッチの
    販売について、「(認証バッチは)お金になり、アカウントはあなたが知っている有名人のものになる」と語っています。

    【【不正売買】SNSの本人認証マークがブラックマーケットで販売されている】の続きを読む

    1: トト◆53THiZ2UOpr5 2017/09/06(水)09:41:22 ID:???
     お菓子の蔵太郎庵(会津坂下町)は、見た目はたこ焼きなのに
    甘いお菓子「会津たこ焼きシュー」を発売した。見た目と味の
    ギャップが注目を集めている。
     シュー生地の中身は米粉のカスタードクリームで、上品な甘さが
    楽しめる。
    no title

    【【地域経済】「会津たこ焼きシュー」太郎庵が発売 見た目と味のギャップ注目 福島】の続きを読む

    1: トト◆53THiZ2UOpr5 2017/08/25(金)09:04:49 ID:???
    ゆうパック来年値上げへ 個人向け100~200円程度


     日本郵便が宅配便「ゆうパック」の個人向け運賃を来年3月から
    100~200円程度値上げする方向で検討に入ったことが25日、分かった。
    最大手のヤマト運輸や佐川急便は今秋の値上げを決めており、
    大手3社が足並みをそろえる見通しになった。

    ※全文は47NEWSでご覧下さい。
    https://this.kiji.is/273596050449729019?c=39546741839462401

    【【経済】ゆうパック来年値上げへ 個人向け100~200円程度】の続きを読む

    このページのトップヘ